「XP」を使っているなら、今すぐ“応急措置”を!

買い換えるまでは、特に対策が必要

2014年4月9日、マイクロソフトによるWindows XP(以下「XP」)」のサポートが終了しました。今後はこのOSに不具合が判明しても、修正プログラムが提供されることはなくなり、その穴を狙ったサイバー犯罪のリスクが高まっています。最も良い対策は新しいOSを搭載したパソコンに買い換えることで、セキュリティ面はもちろん、性能面でも利用が快適になります。とはいえ、さまざまな事情から一時的にXPを使い続けている人は少なくないようです。暫定的に使い続ける場合の“最低限取っておくべき”対策をおさらいしてみましょう。

最低限しておく対策とは?

サポートが終了したOSを使い続けることは、セキュリティ面で、大きなリスクをはらんでいます。XPのサポート終了後間もない2014年4月には、早くもInternet Exploreのぜい弱性を利用したゼロデイ攻撃が起こりました。
このような攻撃が起こっても、XPのユーザーには今後、ぜい弱性に対処するための修正プログラムが提供されることはありません。これからも同様の攻撃は増えていくと予想され、XPを使い続けること自体が、サイバー犯罪の被害と隣り合わせといえます。
もしも、コストなどの理由から、一時的にXPを使い続けなければならないとしたら、どのような対策があるのでしょうか。下記に主な“応急措置”の方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

XPを利用する上での最低限の対策

・インターネット接続をしない
マルウェアの感染ルートを断つことが一つの手段です。インターネットやLANに接続しなければ、ぜい弱性があっても攻撃を受けることはありません。

・USBメモリを利用しない
USBメモリも、マルウェアの大きな感染ルートとなっています。

・セキュリティソフトの継続サポート
マイクロソフト社によるWindows XPのサポートは終了していますが、マカフィーに関しては、引き続きDAT(ウィルス定義ファイル)が提供される予定です。再インストールや新たな設定などは特に必要ありません。

ページの先頭へ戻る

あくまで“応急措置”!

こ上記のような対策をご紹介しましたが、これはあくまで“応急措置”。準備が整いしだい、すぐにでも最新のパソコンに買い換えることをおすすめします。今までの環境よりもさらに快適で便利になるでしょう。
これまでのパソコンのまま、OSのみアップデートすることも考えられますが、旧型の機種では、最新OSに対応していない場合もあります。今後、パソコンを長く使い続けるためにも、早めの買い替えを検討しておいてください。

最新のパソコンに買い替えるメリット

・長期間のサポートあり
Windows 8であれば、サポートは2023年まで対応しているので安心です。

・性能アップ
一般に、新しい機種やOSほどパソコンの起動スピードがアップし、消費電力も抑えられるなど快適な利用環境が得られます。

・タッチパネル操作も
Windows 8ではタッチパネルでの操作など、新しい機能もサポートされ、利便性が高まっています。

ページの先頭へ戻る