MAILER-DAEMONはしっかりチェック

このところ、頻繁に空白メールが届くようになった。差出人も件名も本文も何もないメールだ。メーラーの受信リストでは、そこだけ真っ白。以前からそのようなメールがあるということは知っていたが、届くようになったのはここ最近のこと。なぜ空白で送ってくるのかは不明だが、迷惑メール向けのアドレス収集のためという説もあるようだ。空白メールを送りつけた先のアドレスからMAILER-DAEMONが返って来なければ、そのアドレスが実在するということになる。迷惑メールは自動でアドレスを生成して、大量に送りつけることが多いというが、迷惑メール業者も効率性を考えるようになったのか?確かに空白メールの後には、出会い系などのメールが届くことが多い。迷惑メールフィルターの設定で、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうのだが、削除する時にトホホな件名や、時には内容が見えてしまうので気分が悪い。

このMAILER-DAEMON、自分がアドレスを間違えて入力した時などに自分のメーラーに送られてくるので、経験した方もかなりいるだろう。でもこれが来たら、内容をよくチェックしよう。「User unknown」やら「Host unknown」ならアドレスやドメインの間違いなので問題ないが、「virus」の文字があったら、さあ大変!送信したメールがウイルスに感染している。プロバイダのウイルス検知に引っかかって送信できなかったということだ。原因はメール本文もしくは添付ファイルだから、早急に信頼できるセキュリティソフトやウイルス駆除ソフトを使って、PCのウイルス駆除をする必要がある。

そしてもうひとつのチェックポイントは、自分が送信したメールのMAILER-DAEMONなのかどうか。それはMAILER-DAEMONを装ったウイルスメールもあるからだ。それに添付ファイルがついていたりしたら、もう絶対に触ってはいけない。速攻そのMAILER-DAEMONメールを削除しよう。このようなウイルスメールが送られてくる原因は、いろいろあるようだ。迷惑メール業者が適当に設定したアドレスとたまたま一致してしまったとか、どこかから自分のアドレスが盗まれていたとか、自分のアドレスが保存されている誰かのPCがウイルス感染しているとかだというから、安心できない。いまや怪しいサイトや広告にアクセスしない、不審なメールは開かないは、ウイルス対策として浸透してきているが、もっと強固なセキュリティ対策をしなければ、安心してPCを使えない時代になったのだ。