ネットアクセスなしの禁断症状は何時間で出る?

「不正指令電磁的記録」。新聞でつい先日報じられたスマホで初の逮捕となった、ウイルスアプリ詐欺の記事で見かけて、命名する時の会議の様子を想像して、ニヤリとしてしまった。「不正指令電磁的記録」=「ウイルス」なのだ。ちょっと中国語的な感じもするが、なるほどねという命名ではないだろうか。

このアプリには、やはり個人情報を盗み出すプログラムが仕込まれていたようだが、遠隔操作プログラムは仕込まれてなかったらしいので、不幸中の幸いだった。そこでちょっとおもしろいアンケート結果をご紹介。

シンガポール・インド・オーストラリア・中国・日本の各国で、「1カ月に少なくとも1時間インターネットを利用している18歳から64歳のユーザー」500人に対して行なわれたそうだ。なかでも注目の結果は「見知らぬ人が自分のパソコンにアクセスするくらいなら、1億円をあきらめる」という人が、80%も!きっと残りの20%の人たちは、「1カ月に少なくとも1時間」しかパソコンを使っていないから、溜め込むものもなくて、メモリ容量がたっぷり残っているのだろうな。

さらに驚くのは、この2つの回答。「もしもインターネットに接続できなくなってしまったら」、5人に1人が「3時間以内に禁断症状を覚える」。さらに日本人回答者の50%以上が「24時間以上インターネットがない状況は耐えられない」と答えているのだ。アンケート結果としてみると、結構ビックリだが、回答者以外で当てはまっている人は、かなり多いのかもしれない。さらに日本人は、週に平均49時間、つまり1日に7時間もインターネットを利用しているという結果も出ていて、生活の一部として定着したことが伺える。いつも身近で便利に利用して、1億円をあきらめるほど大切な個人データの詰まったパソコン。それを守れるのは、しっかりセキュリティをして上げられる持ち主しかいない。