ホントにスイスイ乗り換えられる?

スマホのCMはシリーズ物が花盛り。カッコイイ系の次回作や、コミカル系の次の展開がついつい気になってしまう。その甲斐あってか、スマホユーザーは着々と数を増やしている。「メディア環境定点調査2013」によると、東京地区では2012年の31%からグンと伸びて45%となったそうだ。スマホを含む携帯電話からのインターネットへの1日の接続時間も10分近く伸びて50.6分になっているが、なかでも20代女性のデータにはビックリ。52.1分も伸びて、119.9分になったという。全体平均の2倍以上もケータイやスマホでインターネット! スマホで何をしているのかでは、性別や年齢にかかわらずメールと検索が断トツなので、20代女性は、すごく頻繁にメールのやりとりをしたり、長~い時間WEBで探し物や調べものをしているということなのか?

そして最近やたらと見かけるようになったのが「携帯電話からスマホへの乗り換えCM」。スマホへの乗り換えをためらっている人々をターゲットに、携帯電話のメニューのような画面設定や、フリック入力ではなくケータイのように文字入力できるスマホを各社が発売してきている。しかしパナソニックの調査によると、スマホを使ってみたいと思っている43%のうち、具体的に買替えを検討していない人が約60%もいたという。これではガラケーの全面廃止までには、まだまだ時間がかかりそうだ。そしてスマホに乗り換えない主な理由は、「バッテリーの持ちが悪そう 28%」「ケータイの操作に慣れいてる 25%」「ケータイに愛着がある21%」「大きくて片手で操作できない 17%」、そして「セキュリティが心配 17%」だという。ケータイユーザーなのにスマホにセキュリティの不安があると知っていることにちょっと驚いた。

スマホの不正アプリやウイルスについての報道や注意喚起はWEBでは山のようにあるが、テレビや新聞で多発している訳でもない。さらにスマホへの乗り換えにあまり積極的ではない人々なのに、どこでその知識を仕入れたのだろう??? しかし「スマホにセキュリティ」はもう常識。スマホに乗り換えたら、まず信頼できる「セキュリティソフト」をいれて、安心&快適に使いこなして欲しい。

【出典】
(株)博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 「メディア環境定点調査2013」
http://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/report/20130610_7346.html
パナソニック モバイルコミュニケーションズ(株) 携帯電話ユーザー調査
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/06/jn130612-4/jn130612-4.html