悪質な遠隔操作、次に狙われるのはスマホ?

大騒ぎになった「なりすましメール」事件だが、報道関係では「遠隔操作ウイルス」と呼ぶことにしたらしい。今回はPCが狙われたが、スマホ業界では「次はスマホユーザーが狙われるのでは・・・」と戦々恐々としているようだ。IPA(情報処理推進機構)によると、スマホのウイルスは、2010年からAndroidを狙ったものが複数発見されていたが、SMS(ショートメッセージサービス)を勝手に送信したり、位置情報を第三者に送信したりという比較的危険度の低いタイプだった。しかし2011年に入ってすぐに、遠隔操作を可能にする「ボット型ウイルス」が登場しているという。

事件になった「遠隔操作ウイルス」も、このボット型に「外部からの指令によって、設定した送信先に設定した文章を書き込ませる」というプログラムがプラスされたものだから、いつ何時悪意に満ちたスマホウイルス制作者が触手を伸ばすかわからない。

もう自己防衛するしかないのだ。

  • 不必要なアプリは入れない!
  • 入れる場合は、信頼性の高い正規のアプリにする!
  • 提供元不明のアプリをインストールできないように設定しておく!
  • アプリをインストールする時には、必ず「アクセス許可」の内容を確認する!
    特に「個人情報」「有料サービス」「居場所」「インターネットアクセス」「電話発信」「連絡先データ」などが表示されたら注意が必要だ。
  • セキュリティ対策ソフトを入れて、常に最新の状態にアップデートしておく!
    いつどこから侵入してくるかわからないウイルスを検知してくれるのはもちろん、悪質なサイトへのアクセスもブロックしてくれる。
    ただし「アクセス許可」を設定してしまっていると、セキュリティ対策ソフトもきちんと働くことができないから、「アクセス許可」は慎重に。
    最近はスマホのデータを盗み出したりする偽ウイルス対策アプリも見破られにくく進化しているというから、アプリ同様信頼できるものを選ぼう。

ここまで書いてきて、ちらっとニュースサイトに目をやったら、あらら大変!スマホのデータを勝手に送信するウイルスアプリで5人が逮捕された。このアプリをダウンロードしたのは約9万人、約1000万人の個人情報が外部に流出!やっばりきちんとセキュリティ対策をしよう!!!