もしかして、あなたも「ノモフォビア」?

先日ついにテレビのニュース番組で「スマホ依存」がとりあげられた。現代人の陥りやすい精神的依存症。その基本的な症状は「自分で何かをしたり使ったりすることのコントロールができなくなる。それをしなかったり、使わなかったりすると強い不快感や不安感を抱く」ということ。今までもネット依存やオンラインゲーム依存、ケータイ依存、メール依存といろいろあらわれて、正常な社会生活を営めなくなると社会問題にもなった。そしてスマホが普及し始めたら、スマホ依存症が登場ということだ。

スマホ依存症の一番の症状は「眠っているとき以外スマホが手放せない」ということのようだ。仕事中・授業中なのに、家族や友人といるのに、ついスマホを操作してしまう。SNSのリツイートやコメントが気になって何度もチェックしてしまう。「いいね!」が欲しくてボタンを押してもらえそうなものを探しまくるようになる人もいるそうだ。

これはスマホにケータイよりずっと快適にいろいろなことが楽しめる機能やコミュニケーションの場が詰まっていることが大きな原因だろう。しかし本来の生活リズムや生活パターンを崩されたり、一緒にいる人とのコミュニケーションがおろそかになったりするなど、スマホに主導権をとられて、本来の自分を失ってしまうのは本当に怖い。

アメリカではスマホ依存は「ノモフォビア」(No-Mobile-Phobia → Nomophobia)と呼ばれ始めていて、携帯電話会社のT-Mobileが面白い調査を公表していた。

●スマホを忘れるくらいなら、ノーメイクで外出する → 55%の女性
●スマホなしで我慢できる時間 → 男性9時間、女性7時間
●スマホを忘れるくらいなら、ズボンを履かずに外出する → 11%
●スマホをなくしたら、汚いゴミ箱の中でも探す → 63%
●トイレにスマホを落としたら、手を入れて取る → 59%
●スマホを盗まれたら、その泥棒とケンカする(西・南地区) →27%
●公共交通機関を利用中にスマホを無くした → 54%

スマホ依存の人がスマホを紛失したら、相当なパニックになるんだろう。紛失しないように気をつけるのが一番だが、万が一の時のためにスマホを探したり、ロックしたりできるセキュリティソフトをいれておこう。

【出典】
http://newsroom.t-mobile.com/files//DOC-TXABSOXNPIV88FH8MHPhandsetprotection.survey.Final.pdf